SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2018 ゲストミュージシャンのご紹介

SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2018 ゲストミュージシャンのご紹介

サンポートを舞台に香川の魅力を満喫できる「SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL2018」。

ハーバープロムナードで行われる「真夏の夜の夢」には今年も県外からのスペシャルミュージシャンにご出演いただきます。

今回は8/4(土)に出演いただく、スペシャルユニット「藤原清登 Koffee Crush」のご紹介をします!

藤原清登

高松市出身。16歳でベースを始め東京芸術大学教授、故今村清一氏に師事。1974年
渡米。バークリー音楽院を経てジュリアード音楽院大学院卒業。21歳でホレス・シルバークインテットにて米国デビュー後、NYを拠点に活躍。同年に米レーベルMuse,及びStrata Eastにクリフォードジョーダン、シャミークファラのアルバムでレコーディングデビュー。境界のないジャンルで国際的に活躍する本格派として内外の音楽祭
に多数参加。1987年自己のグループMG4結成以来、十数枚のアルバムを発表。
2000年スイングジャーナル誌ではベース部門で1位に選ばれ『モダンベースの王者』と呼ばれ親しまれている。近年、日本でのCDリリース、コンサート活動も目覚しく、 2013年には自己レーベルGARUGANTUAを創設、2017年
10月には第二作 “Koffee Crush” を発表。洗足学園音楽大学にて後進の指導にもあたっている。

 

冨川政嗣

香川県生まれ。20歳でドラムを始め1989年渡米、New York のDrummersCollectiveに入学、4年間学んだ後同校の講師に就任。2002年の帰国までの間New Yorkを中心に数多くのLive, Concert, Clinic, Recordingに参加。帰
国後は東京を中心にJazz,HipHop,Latin.Brazilianと幅広い音楽活動を行う。

また東京スクールオブオブミュージック、Canopus Drumsにおいて教鞭をとり後進の育成にも力を注いでいる。

 

今村真一朗

3歳よりピアノを弾き始め、高校よりジャズを独学で学ぶ。2008年度横浜ジャズコンペティション(広瀬太郎トリオグラフティ)でベストプレイヤー賞・グランプリ・横浜市民賞の三冠を獲得。 現在、都内を中心に向井滋春(Tb)
カルテットや、藤原清登(Bs)トリオ等で活動中。また、大坂昌彦、川嶋哲郎、小山太郎、片岡雄三、市原ひかり、寺久保エレナ、中島あきはなど、さまざまな一流ミュージシャンと意欲的に共演を重ねている。

ファンキーでスイングするピアノ、リリカルな音色が特色のピアニスト。

 

河西那都

香川で活躍中の女性シンガー。パワフルな歌声で会場を魅了する。

 

瀬戸内の風を感じながら、素敵な音楽とドリンクが楽しめる「ミュージッククルーズ」にも出演します!

出演は8/5(日)。現在参加者募集中です。定員に限りがございますので、ご予約は下記よりお早めに!

http://setouchi2018.com/music-cruise/